山のぼり ツアーレポート

2018/4/19  マイナー12山!ネコブ山

長い林道を歩き、薮をかき分け、残雪を繋ぎ、遥かな山頂を目指す

パワーゾーン登山プロブラム真骨頂!マニアな山の残雪登山!!
今回はマイナー12山(知ってます?)に数えられるネコブ山へ

天気は最高!
薮の濃さは予想以下
残雪量は予想以上

以外にあっさり山頂に立てちゃいました。
でも、往復12時間!長かった。。。お陰で次の日は筋肉痛

これで下り足もバッチリ仕上がりました(笑)

ガイド:高橋 守

今年もこの時期がきてしまいました。

その山はどこにあるの???から始まる、マイナーな山の残雪登山
パワーゾーンの名物プログラム(!?)だからね〜(笑)

今回は越後の三国川ダムの奥に佇むネコブ山です。
知らない人はOK googleに聞いてください。
もちろん遥か遠い山頂なので、夜も明けきらぬ【4:00】宿を出発【4:15】三国川ダムから歩きだし
暗い中をダムのほとりをテクテク歩くこと約45分

【5:00】噂の発電所の送水管の麓に到着
いきなり過激に急な送水管脇の階段登り

く〜〜堪える。。。
ダム歩きでウォームアップは終わってるとは言えまだ早朝

膝も硬くて息も上がる(泣)
ゼーゼーいいながら【5;30】には階段終了

しっかり夜も明けきって、彼方の雪山も輝く時間になりました
見えてるのは越後三山のどれかです(笑)

階段の後は今回一番の難所の岩場越え
朝一でまだ濡れていて滑る岩を慎重に通過
その後は概ね踏み跡あり。

もっと薮漕ぎを期待・・じゃなく想像していただけに、ちょっと拍子抜け
写真はかなり濃そうな薮ですが、こういう所はほんの一部だけでした。
もはや立派な登山道のような道のお陰で、

順調に標高を上げて900mぐらいから雪が出現
やっぱり雪の上は歩き易い!!
雪の上を歩きだすとスピードアップ!!

いけるならなるべく早くいかないと、この後何が待っているか分かりませんからね〜。
写真は1338ピーク手前当たり【8;30】

嗚呼。。。天気は最高!!神様ありがとう!
後に見えるは【右】中ノ岳 【左】八海山  だと思います(笑)
雪も硬くて、ほとんど沈まない!
快適快適!!

抜ける青空とまだ多く雪をかぶる越後の山々の絶景を眺めながらの雪尾根漫歩!
【9:25】真っ平な桑の木山に到着!

すこぶる順調です!
右手に見えてきた真っ白の山は牛ヶ岳と巻機山!

あの白い斜面、滑ってみたい!

登りながら考えるのは、
あそこは滑れるとか、あの山は滑ったら楽しそうとかばっか(笑)
そして近づいてきたネコブ山本体!

心配していた雪も、問題なく繋がっている模様

よっしゃ〜!!
これなら苦労(薮漕ぎ)なく登れそう!
それでも、尾根の一番高い所は薮が出ている所が多いので
基本右手側を巻きながら進みます。

本当に苦も無く雪を繋げて登れたのでラッキー!!

雪があるのと無いのではかなり労力が違いますからね〜。
こういう山を登ったことがある人にはわかるはず!

でも、雪が薄いところも多かったので来週になると話が変わるかもね
稜線に登り上げるとネコブの名前の由来(!?)

のコブが見える!
遠かった山頂もあと少し!
最後のトラバースが以外に長くて、すぐに着きそうで着かない。。。

くたびれてきた足に鞭打って、やっと山頂到着!!【11:15】
スタートから時間!遠かった〜〜。
遮る物のない山頂は極上の展望

雲一つない抜ける青空のお陰で本当に最高です!
越後三山(右から中ノ岳、越後駒、八海山)もドーーーン!!
三国川ダムと南魚沼方面も良く見える。

昨日の雨のお陰で霞が取れてるお陰ですね〜。
ずーっとボーっとこの絶景を眺めていたいけど

そうもいかない。帰りも長い。
最初の急斜面は慎重に下って、あとはドドーッと降りたかったけど疲れた足でペースは上がらず。
天気は安定しているし、のんびり歩いて【14:45】送水管の上に到着

この最後の階段も効いた〜〜(泣)

特にシーズン最初の歩きの仕事で下り足が出来てないから、
次の日は間違いなく筋痛だな(^_^;)

くたびれた足に止めが刺さる階段終えたのが【15:05】

重い足を引きずりながらのダム歩き

ふと見上げると青空に映える紅桜
芽吹きだした新緑と遥かに輝く白い峰

笹薮と残雪登山紅桜
嗚呼麗しき日本の春(字余り)

春をしみじみ感じながら【16:05】車に戻って本日お開き

ページトップへ戻る