山のぼり ツアーレポート

2018/4/16  大佐飛山ピストン

男鹿岳に引き続いて登ってきました。
地図上では男鹿岳から直ぐ隣のこのお山。でも大きな沢があるので尾根づたいだとちょっと日帰りピストンは無理ですね〜

男鹿から大佐飛、黒滝山縦走なんて面白いかも?
でも車回すのが困難・・・なんか良い方法ないかなー

那須塩原集合で30分ほど移動しホテル板室に前泊。
(食中毒の可能性で朝食のおにぎり弁当は作ってくれなくなりました。残念)

翌朝は宿から20分ほどのハシゴで有名なこの登山口。真っ暗ですが4:20出発!

(最初の3枚の写真は朝は暗すぎるので帰りのものです)
尾根までかなりの激坂。そして直登。
暗いなかヘッドランプの明かりを頼りに進みます。

この坂は先が見えなくでちょうど良い!?笑
百村山(もむら)を越えた鞍部にひょっこり出ます。
スタートして20分強ぐらいだったかな。

尾根に乗れば先程までの道がウソのような快適な道。
帰りにルンルンと行き過ぎないように気を付けてねー
ここからが朝の写真です。

今回はみなさん健脚でサクサク進んでおります〜
約1時間登ると「三石山」。カタクリの群生場所からの急登がしんどい。

黒滝山までいろんな名前のピークがありますが、地形図ではただの名無しの小ピークです。
ここまで全く雪がなかったんですが急に出現。
吹きだまるんでしょうね〜ここは。

直ぐ夏道に戻って進みますー
先程からちらほら雪の上を歩いたりしますが基本的には夏道で歩けるので今回はラッキー!

でもこの中途半端な道って間違えやすいですよねー
全部雪だと先も見やすいし注意してますけど、夏道があると油断してなんとなく進みがち。
(一応言っときますけど今回間違えたわけではないですよ!爆笑)
とにかく急な所の多い山ですね〜
高度稼いでくれて良いんですけどまっすぐ登りすぎ!!
天気が良くなくて。でも上の方は樹氷でした!
綺麗でした〜〜〜(^ ^)

でも風と気温上昇でそれが降ってきて濡れるし痛い。笑
黒滝山への最後の登りから結構雪が出てきて、雪で山頂を目指しますが、
雪上からは藪でそして平らでどこがピークかわかりにくいので夏道捜索。笑
よかった。すぐそばでした。

ちょうど3時間で「黒滝山」。
快調すぎてびっくり。笑
そこから大佐飛方面へ。
うっすら踏み跡らしきものもありましたが雪が出てくるのでわかりにくい。
何と言っても平らなので方向を間違わないよう進みますー
雪が少ないのかな〜
藪もチラホラ。
先も見えてるので突入ー
大長山を巻いて鞍部に出ると、おそらくここが「天空の回廊」。
晴れたら綺麗だろうなー残念。
さっきの休憩からが意外と遠かった。
地図だともうちょっと早いと思ったんだけどなー
最後がだらだらとしつこいお山でした。笑

9:30 遠い遠い「大佐飛山」へ登頂!
早すぎて驚きが隠せませんよー!!!
カタクリも登頂を祝福してくれてますね!
帰りも長くアップダウンのある道のりでとっても疲れます。

でも本当に健脚な皆さんで14時前に下山完了!!!予定より1時間半ほど早い!!!あっぱれです!

お宿に戻ってサッパリして16時前には解散!お疲れさまでした!

ページトップへ戻る