山のぼり ツアーレポート

2018/4/5  残雪の西穂高岳 vol 1

雪と岩の稜線歩きの登竜門!?

この時期の西穂高岳は、これから少し険しい雪の山に登りたい人にがまさに通らねばならぬ道(ホントか?)

前線通過で荒れる予報の中、次の日の晴れ予報を信じて行ってみると・・・?

春うらら〜〜

を通り越してる最近の陽気 この気温は初夏ですよ初夏!
入山のこの日も暑いぐらい。

しかも、午後は前線通過で荒れ模様の予報
果たして雨に当たらず小屋まで行けるか??

天気持ってねお願いします!
【13:00】発のロープウェイから見る西穂高岳も、んん〜雪少ないね。。。
汗ばみながらも雨に当たらず小屋に到着【14:25】

フフ〜ン!日頃の行いがいいからね(笑)
こんな予報だけにこの日の西穂小屋は10人ちょっとでガラガラ。

風雨で鳴る窓を眺めながら、飲みすぎない程度にお酒も入って、
「明日は晴れてね」と神様にお願いしながら気持ちよく就寝
キタ〜〜!!
予報通りの晴れ!!

後は風がどれだけ落ちているか。
夜明け前のこの空の色は何とも言えない。

何度見てもいいですね。まさにマジックアワー!
あまり赤くは染まらなかったけどね。
朝弁かけこみ【5:10】出発

風はたまによろめくぐらい吹いてますが、このあと落ち着いてくるだろうから行きます!

気温も氷点下、風強しで寒い!
でも雪は締まってすこぶる歩きやすい。
丸山過ぎて、独標への急斜面を登ってるところでご来光

久しぶりに見たな〜。
前線が春霞を落としてくれたお陰で冬のような空

澄んだ空気のサンライズはやっぱりイイね!!
おおっ!!

富士山も見える!
サクサク登って先ずは独標到着【6:30】

今回のお二人は足前良くて助かります。
独標までは足慣らし。ここからが本番です!

難しくは無いですが、ミス(転倒)すれば命とり。
ロープを繋いで慎重に。

でも、この緊張感がイイんです。
飛騨側から(西側)を概ね歩きますが、日陰で風上側だから結構寒い(泣)

まぁでも、真冬の寒さに比べれば何てことないはずだけど、
もう体が暖かいのに慣れてますからね〜以外に応える。

時々風下側の陽だまりで休憩しながら順調に進み

あれよあれよという間に、
歩いてきた稜線をバックに最後の急登

ここは絵になるな〜。
あっさり西穂高岳山頂到着【8:10】

雪も硬くて少ないので、難所も殆どなくホントのあっさり登頂
風も徐々に収まり陽も当たってあったかくなってきたけど、山頂はまだ寒い!

寒冷前線が春霞を洗い流し、展望は最高!

写真は奥穂・槍方面
穂先も少しだけ見える!
少し右に振って、奥穂〜吊り尾根〜前穂

そして奥穂に続くあの有名な稜線
雪があるとさらに困難そうですね〜。
そして槍の左奥

西鎌、裏銀座方面
滑ったら楽しそうな斜面がいっぱいあるけど、激しく遠いな〜。 
展望楽しんだらサッサと下山

だって、寒くて居られない
少し下った陽だまりでしっかり休憩しました。
下りは気温も上がりだして、快適にサクサク進み

これまたあっという間にピラミッドピーク到着【9:15】
ピークから東に落ちるフェースを覗きながら、「ここは滑れそうだな」

とかばっかり考えてました(笑)
独標まで戻れば難所もほぼ終わり、緊張もほぐれて一息。

遠く西に見える白山
なんか、白山は穂高より白いぞ。今年は白山を滑るのがいいのか?
この冬は北陸に雪が降りましたからね。

【10:35】には早くも西穂山荘に戻って
お昼ご飯に定番西穂ラーメンすすって終了!

松本駅行くまでに枝垂桜が綺麗で気になってた、安養寺に寄るオプション付き(笑)

イイ天気で絶好の残雪登山+お花見までできた最高の春のツアーでした
幸先イイ2018年の登山ガイドスタートが切れました
この調子で行きたいね〜!!

ページトップへ戻る