山のぼり ツアーレポート

2018/3/7  今年も九州巡り

名古屋からはるばる九州まで行ってきました。

やっぱり遠いですねー

残念なことに天気予報は雨。さてどうなるのかなー

さて博多駅でレンタカーを借りてツアー開始。
まずは1時間ほど移動して筑紫富士の浮岳へ。
すぐでしょーなんて余裕をこいていたら、立派な岩があるなかなかの急坂。
まあ時間的にはすぐでしたけど登りごたえのあるお山でした。
往復1時間もかかりませんでしたー
さて海もチラリと見えてますが、明日から雨っぽいのでもう一山行っときましょう!
帰りを少し道を変えれば大きな岩の展望所があったので寄り道!
山から見る海っていいですよねー(^o^)
2座目は梨川内。山も岳もつかないのです。
ここにはなんのために行くのかな?

入り口ははなかなかわかりにくいとこにありました。ここからです。
歩くのはものの数分。
登ってきたお目当は?
あの後ろのコンクリートか?
ピンポーン!
正解はこちら!

天則点でした。一等三角点でもありましたが。
気になった方は検索してみてね。笑
2日目は朝食を頂いてから8:00出発!雨です、、、
天気は仕方ないですね。

一座目はトラピスト修道院脇より腰岳へ。
今回の勉強はやはり2駆で林道は走るなということ。あとは想像にお任せ。笑

ここもなかなかの急登。さすがは富士山です。
往復1時間もかからずでしたが、アクシデントでロスした時間もそれなりに。笑

さて次へ行きましょう。
続いて烏帽子岳。別名、佐世保富士山。

予定した登山口は残念ながら通行止め。
少し移動して別の入り口から行きましょう。
移動したら立派な広場の登山口でした。
道も立派!

片道10分。なんて遠いんでしょう笑
雨もなかなかなのでさっさと下山。

ちょうどお昼前なので
一度ランチで休憩しましょうかねー笑
お腹いっぱいで動きたくないですが動きます。笑

次は愛宕山。別名相浦富士。
山は簡単ですが、登山口と駐車スペースを探すのがこういうツアーは核心なのです。今回は途中から山道に合流しました。
こちらは25分も登りました!

雨も落ち着いていてくれて万歳。ランチも計算のうち!?
最終日も雨予報でしたが、少し早まってくれたみたいでラッキーです。

今日も8時にホテルを出発。まずは赤崎富士こと赤崎岳へ登ります。
配水池からスタート。
振り返ると佐世保の自衛隊?の艦船。
かっこいいですねー
ぐるっと裏側へ回れば九十九島。
やっぱり山から見る海いい感じ!
この山は往復30分強でした。
さて次へ行きますか。
1時間20分ほど移動をして唐泉山。
こちらは別名肥前小富士。
林道終点からスタートです。
移動よりはるかに短い登山。笑
20分で登頂です。
さて今回最後は琴路岳へ。これは別名能古見富士。故郷富士を順調に稼いでいます!林道の峠よりスタートします。ここは昔は人気の山だったような痕跡がありましたね。
最後の山も往復30分にて終了。
今回は平戸富士だけが残ってしまいましたが、その他は制覇。

ランチを食べてのんびり福岡空港にて解散。
3日間お疲れ様でした。n

ページトップへ戻る