山のぼり ツアーレポート

2018/3/17  雪山登山はじめ隊

クラブツーリズム名古屋の企画で岐阜県の大日ヶ岳を日帰り登山。
高鷲スノーパークのゴンドラで標高1550mまで上がり山頂を往復するので時間の余裕はたっぷり!
これから雪山のある山(冬山ではありません)を登りたいという人たちには絶好の天気。暖かな1日でした。

途中渋滞もあったようですが(私は登山口のスキー場で待機)9時40分頃に高鷲スノーパークに到着。
準備を整えこのゴンドラで1550mまで一気に上がって登山開始です。
ツボ足、キックステップ、フラットフィッティング、そしてエッジングなど雪の山を登る基本的な足さばきや注意点をレクチャーしながら登ること30分
登り始めたゲレンデの山頂カフェが眼下に眺められるところまできました。
遠く白い山は「御岳山」、手前には鷲ヶ岳!
御岳山の左手にはまるで一条の雲ようにも見える北アルプスが北は毛勝山から乗鞍岳までぜ〜んぶ見えてました。
同じ場所で穂高連峰をズームアップ!
通称前大日岳まで各自で足さばきを練習しながら登っていただきました。

雪が太陽の光で緩んでましたからツボ足でOKなコンディション。
登る右手にはその名の通り白山」がドーン!
前大日まで来ると目指す大日ヶ岳が見えてます。
ここで同じツアーの別グループが抜いていきました。

この日の参加者は24名。それを2班に分けての行動です。
私の班はここでアイゼンを装着。

やはり慣れないとアイゼンも付けられませんからね〜
これぞ春山の完全装備!?

日焼け対策バッチリですよ〜(笑
前大日から一旦30mほど下り、登り返して、まもなく山頂
丸いドーム状の大日ヶ岳の右手に加賀白山!

天気がいいので山頂は登山者でいっぱいいっぱい。
気持ちいいのか歌を唄っているグループもありました。
西、福井県方面の山々
ひろーい山頂の大日ヶ岳は日本200名山、一等三角点の山
この日は白山周辺の山はもちろん、北アルプス、中央アルプス、そして遠く鈴鹿山脈や伊吹山まで見渡せた絶好の1日

今年も晴れ男か〜?
下山はわいわいガヤガヤと・・・

同じラインを帰っても面白くないので、私が知る限りこの山で一番太いダケカンバとブナの木を見物して、山頂レストランには1時40分帰着
バスには15:00集合で各自自由時間として1日が終わりました。

ページトップへ戻る