山のぼり ツアーレポート

2018/2/24  春の兆しの局ヶ岳

名鉄観光サービスのツアーで三重県松坂市飯高にある伊勢の三ツ星と呼ばれる三山のうちの一座「局ヶ岳」に行ってきました。
局ヶ岳の名前の由来を調べましたが、その由来は定かではないんです。その姿から『関西の槍ヶ岳』と呼ばれていますが、すぐ近くには『関西のマッターホルン』高見山もありますね〜

道の駅「飯高」から局ヶ岳がよく見えますが、一見槍ヶ岳に見えるのは実は山頂ではないんです!
 
今回は旧登山道から登り反時計回りで新登山道で下山して来ました。
逆のコースだと旧登山道は急なのでちょっと下りが大変ですね。

【10:00】登山口まで舗装路があるんですが、バスはさすがに入れなく少し手前から歩きます。
この先を右折してしばらく行くと左方向に登山道があります。
登山道に入ると急登の始まりです。ここまで休憩適地がなく登山道から外れた植林で少し休み、【12:00】小峠到着。
峠に出ると風がまともに当たり寒く、先ほどまで半袖の方も何名かいらっしゃいましたが全員こんな格好に衣替え。

山頂まではあと25分!頑張りましょう!

風が強くほとんどこの格好で山頂まで歩くことになりました。
小峠の標示はこのテープのみ。うっかりすると見逃してしまいます。
実際下山時は小峠に気がつかない方もいらっしゃったようです。
【12:20】山頂到着。天気はいいんですが、霞んでしまい展望はスッキリしませんでしたが三峰山・白猪山が見えました。
伊勢湾は霞んでなんとなくの感じでした。
しかし天気が良い冬に来たら素晴らし展望が待っていること間違いなしです。もしかしたら富士山も見えるかも?
山頂では三角点探しが始まりました。やっと見つけましたが小さなベンチの脇にあり、誰かが座ってる間は発見困難です。
山頂から約30分でこの山の中で唯一の立派な標識のある『旧小峠』。印象としては峠?ん?って感じの場所です。
下山は基本尾根を歩き、自然林、植林と変化に富み面白い登山道でした。
さらに林道に出てからは中央構造線の断層が地表に出ていたり、お弁当を食べてる親子が居たりのんびり歩けました。
青空もきれいでつまらない舗装路歩きも楽しめました。
最後は局神社に御礼のお参りをして【14:30】登山終了。
仕上げは道の駅飯高で温泉に入り美味しいたい焼きを食べ、飯高から見える局ヶ岳ですが手前の三角でなく奥の丸いピークが山頂だと教えてく、更に人数分のパンフレットをくれた『山 友 館』の御主人にお礼を言って名古屋に戻りました。

ページトップへ戻る