山のぼり ツアーレポート

2018/2/17  入笠山で雪山トレーニング

クラブツーリズム『雪山登り隊』実践第二回目の練習回で諏訪にある入笠山に行ってきました。
ゴンドラで一気に1770mまで一気に上がるので山頂までは標高差200m足らずなので普通に歩いたら1時間弱で山頂に立てるのですが、そこは雪山登り隊の練習回です。
いい斜面ではつぼ足歩行、アイゼン歩行といろいろ試しながら歩きます。また強風なので幸いとツェルトの効果も体験できました。

時々青空もありましたがほぼ曇り空。もしかしたら今回が一番厳しい雪山登り隊では?

名古屋を【7:30】出発して定刻どおりの【11:15】富士見パノラマスキー場に到着。
スキースクールの団体より早くゴンドラに乗るため移動。山頂駅にはゴンドラで10分足らずで到着。

林の中は風もなく快適に進みます。
林を抜けるとそこは入笠湿原。夏は立ち入りが制限されていますがこれだけ積雪があればどこでも歩くことができます。
ここで、斜面の歩行練習。
まずはアイゼンなしでこの斜面を登ります。自由に登ってもらいます。途中でキックステップのやり方をお話してその場で実践しますが、靴によっては難しい物もありますがそのことが解れば練習回の意味があるんです。

次はアイゼンを装着してまた下から登ります。『全然違う!』それが解るのも練習回。
何度も登ったり降りたりする参加者の皆様。下を向いて宝探しのようでしたが・・・
そんな時、風で雲が流れきれいな青空が!でも風はメチャクチャ強い!
サングラスでは辛いことも体験できました。
湿原をあとにして、山彦荘、マナスル山荘を横切り山頂です。山頂直下の急斜面はアイゼンの効果がより感じられたと思います。
山頂は強風を避け、東側の斜面から登りました。急斜面でした風の影響もなく快適?に登頂。
山頂は最高の強風!写真だけ撮って早めの下山となりました。

期待の展望は諏訪湖が確認できたくらいで山は見えませんでした。
下山ではこんな余裕も!今日はゴーグルなので顔出しオッケー!
いい斜面があると滑りたくなるのは昔子供だったなごり?

最後に湿原の斜面を登り降りしてゴンドラで山麓駅に予定通り【16:00】.
このゴンドラ、下りではなんと暖かいおしぼりのサービスがあります。冷たくなった顔が生き返る!

ページトップへ戻る