山のぼり ツアーレポート

2017/12/9  舟伏山(長良富士)と尾洞山(利賀富士)

2018年最後の登山は岐阜県と富山県のふるさと富士を2山。
もっともこの2山に登ることではなく、今回の宿泊先「大牧温泉」に一度は泊まりたいというのが最大の目標だったようですが。
山は、特に富山県の尾洞山は、12/5から続く降雪で深いところは膝までのラッセル。予定は登山口まで車で上がり往復1時間のつもりが3時間30分の登山となってしまいまいました。

名古屋駅を10時前に出発して向かうのは舟伏山(262m)

通称「長良富士」とも呼ばれる低山ですが、登り口に選んだ日野辺りからは富士に見えない!
芥見(あくたみ)辺りから見ると富士山のような形の山なんですけどね。
ここが登山口。
細い林道を30m進んで右折れして尾根に出ました。
(写真は下山時に撮影)

付近には駐車スペースがないので、少々先の路肩に駐車しました。
登っていくと右上に巨大な貯水槽。

尾根に上がるところにこんな看板がありました。
登山口には舟伏山の登山口という案内がないのにね〜
しばらく登りが続きます。
スタートからおおよそ25分で山頂ということもあって、荷物はなし!(笑
雨が降りそうだったので一応雨具を着用して登りましたけど・・・降らなかった。
暑いだけだった〜
振り向けば、梢の隙間から金華山、眼下には長良川の流れを俯瞰。
頂上稜線に上がるとほとんど標高を上げることのない稜線を進んでいきます。

このダラ〜と長い稜線を横から眺めたら舟底に見えるのかな?
舟が伏したような形の山というのは、そんなもんです。
これ山名の由来ですね。
三等三角点の山頂。(スタートから28分)
山名板なし。尾根の平らなところに三角点があるし、地図で見ても三角点のあるところが山頂となってましたので、間違いなく山頂でしょう。きっと!
この後、往路を下山して富山県に移動です。
関ICから高速に乗って五箇山ICで降りて、大牧ダムのところにある小牧乗船場まで約2時間15分のドライブ。

途中から雪が積もり始めていて、今シーズン初の雪上ドライブ。
4WDでよかったとホッとするガイドでございます。
乗船!
往復2800円の船賃を支払い乗船。30分ほど船の旅なんですが、雪雲に覆われて景色はなし。

旅館と船は別経営なんでしょうね。
「船でしか行けない温泉旅館」ということで有名な大牧温泉ですが、実際には宿まで車道はあります。
ただ車を駐車する平坦地がないから船での移動なんです。
旅館のお部屋はリノベーションしたのか広くて綺麗でした。
温泉もまずまず。
露天風呂は、この天気ですからね〜。入る気なし。
大浴場とは別に露天風呂があるようですよ。
はい、気軽な宴会。
宴会といっても、たいしてお酒を飲むこともなく、ビールとお酒を少々でお終い。

みなさん、お酒よりも泊まれたことが嬉しいみたい。
この時期(冬)は、朝の船は9時30分出航。
普段の登山では考えられないほどのんびりとした朝を過ごしました。

2日目は、朝は晴れ、午前中に曇り、昼から少雨予報でしたが・・・結局は雨にも降られずでした。
迎えの船を待つ間、朝日に輝く雪景色が綺麗でしたね。
9時30分。
予定通り船が到着。
小牧港まで30分の船の旅
乗船すると、温泉宿の前まで行って方向転換。

お世話になりました。
10時20分に小牧港を出発。
付近にコンビニがないので道の駅に立ち寄り行動食を購入しようと試みましたが、たいしたものも販売していないので、持っているものをみんな分けわけして行動食とすることにして、尾洞山(おどうやま)=利賀富士の登山口に移動
11時20分出発
標高520mほどのところまで除雪してありましたが、その先は雪の林道。
40分歩いて、コーナーを曲がると目指す尾洞山方面が目に飛び込んできました。
ここでちょうど12時。
軽く昼食休憩を取って、林道をすすんだ次のカーブから尾根に取り付き登りました。

カーブのところに登山口があるはずなんですが、なんの標識もなし。

しか〜し、そこは長年の感で・・・・(笑
適当に、でも「たぶん道だよね」というラインを選びながら高度を上げるのです。
すでに午後1時ですが、天気予報は・・・ハズレ!hahahahaha
よかった、よかった。

それにしても雪がこんなに積もっているなんて予定外!
本当は登山口まで車で上がり、山頂往復に1時間の予定が・・・これでは下山は午後3時だね〜なんて言いつつ、足は止めない健脚ばかり。
写真に収める景色もない!

でも結構な太さのブナの木が目に付く山です。
なんだかんだで、スタートから約2時間30分。
午後1時45分に待望の山頂に到着。

東側は自然林、西側は植林の山でした。
「山名板もない」と思っていたのですが、雪の中に隠れる切り株のようなものを掘ってみるとなんか書いてある。「利賀飛翔の会」
下山後、ネットで調べると山名標識はこの標柱の横にポトンと落ちてるらしい。
この時は雪の下だったので気付かずでしたけどね。
さて、往路を下山して3時10分下山完了。
時間もおしているので、入浴は諦め名古屋まで休憩をはさんでひた走り午後6時15分到着。
みなさんお疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

ページトップへ戻る