山のぼり ツアーレポート

2017/11/6  三界山・大雨見山・雨乞棚山・国見山と天蓋山

岐阜県にある一等三角点や岐阜百山・シニア百山を巡って来ました!
登山そのものよりも、アプローチが大変な山が多かったです。
車でないと不便なのですが、肝心の林道が激坂やダート・・・

しかし諦めずに5座登頂してきました!
天気が良く、景色も抜群の国見山をはじめ、どの山も個性的で印象深い山行となりました♪

一日目
名古屋駅に10時に集合ののち、車で大雨見山登山口に移動します。
今回は、一番メジャーな京大飛騨天文台からのアプローチではなく、別の林道を通って北西にある登山口を目指します。

進むに連れてダートにうねる林道を、慎重且つ大胆に攻めます(^-^;
登山口の手前で、倒木に行く手を阻まれてしまいますが、もう少しなのでそこから歩くことに。


【13:00】大雨見山登山口
「大雨見国有林」看板横から登山道に入ります。
登山道とは言いますが、境界線の巡視路として整備されている道を使わせてもらっています。
多少藪がうるさいところもありますが、刈り払いされています。
途中藪と倒木が激しい箇所がありますが、皆さま持ち前のパワーで乗り切ります!

【13:40】山頂
大雨見山は展望がありません。
でもいいんです。
目線は下向きです、なんたって目的は一等三角点ですから〜♪
参加者の方自作の点名看板をお借りして証拠写真をパシャリ!(*^^)
帰り道も藪をかき分け、降り注ぐカラマツの葉っぱと格闘しながら下って行きます。
登山口までの最後の50mが急坂です。

【14:35】登山口
ダート林道を慎重に下り、舗装路に出たらほっと一息・・・
ついでに林道途中にあった4等三角点をゲットして、高山のホテルに向かいます!
二日目は国見山と天蓋山です。
山行自体は長くないですが、移動距離が長い一日となります。
6時頃宿を出発!

山国の岐阜県らしい、細〜い峠道を上がると、笹に隠れた国見山看板があります。
【6:50】国見山登山口
急斜面ですが20分ほどで山頂に到着です(*^^)

【7:10】国見山
その名の通り、山頂の展望は360℃パノラマ!
特に北アルプスがよ〜く見えました♪
岐阜百山に選ばれるのもうなずけます。
景色を堪能したところで、パッと下山して次の山に向かいます。
【7:40】国見山登山口

次は天蓋山、1時間30分ほどの山道を移動。
【9:10】山乃村キャンプ場・登山者用駐車場
【9:20】天蓋山登山口
天蓋山の登山道はよく整備されていてとても登りやすかったです。
初めは沢沿いを進みます。
水はけが悪いのか、ぐずぐずのところが多々あるので、下りは滑ります。
「ここから急坂」看板発見!
宣言されてしまっては仕方ありませんね、気合を入れて登りましょう〜

標高150m分ほどの急登でした(*^^)
目指すピークは、写真に写るポコポコッと二つあるピークの左側です。
まだ登りますよ〜!

景色の良いすずめ平を【10:45】に通過し、あと二山登ります。
【11:30】天蓋山山頂
こちらも景色が最高です!
御岳や乗鞍岳、槍ヶ岳〜剣岳までよく見えます(*^^)

天蓋山はシニア百山に含まれており、実は今日登れば達成、という方が参加されていました♪
見事達成されました、おめでとうございます!!
しばらく山頂を楽しみ、下山開始。
すずめ平より少し下までは、結構展望が良いので楽しめました!

【13:05】登山口
ここから5分ほどで駐車場に到着です。
すると駐車場に「登頂おめでとう」の看板が・・・
駐車場側から見るとただの木の板ですが、帰って来れば見えるようになっています。
粋な計らいに癒されます(´ω`*)

ここから下呂温泉に移動です。
移動時間は2時間と少し。
ゆっくりと温泉に浸かり、翌日に備えます。
三日目は三界山と雨乞棚山です。
宿で朝食を頂き、8時頃出発。

まずは三界山です。こちらの林道も激しめでした!
【9:30】三界山登山口

木のハシゴを登り、登山スタート!
今回も境界線巡視路沿いに登山道があります。
数年前までメジャーだった登山道は災害の為、今は通行できません。
ということで、最近整備されているのがこの道です。

刈り払いもされていて、思ったよりは登りやすい、といった印象です。
細かくピンクテープがつけられていて、賑やかです(笑
山頂直下30分は藪が濃くなります。
この日は雨、藪のおかげで濡れました・・・

【11:30】三界山山頂
こちらは岐阜百山にして一等三角点です!
一等三角点ハンターの方曰く、点名は三階岳だそうです!

来た道を戻り、【12:50】登山口に到着〜♪
さて、次の雨乞棚山が5座目にして、今回のツアー最後の山です。

登山口までは2時間ほどです。
結構上の方まで舗装路が続きますが、途中でゲートがあり、そこから急にダートな道になります。
いけるとこまで行ってみよう!ということで、何度かチャレンジするも車が上がらず(笑
やはり四駆でないと厳しいですね・・・
ということで、【15:00】予定より手前のゲートから歩くことに。

山頂まではダートな林道と、またしても境界線巡視路が続きます。
境界線巡視路でショートカット出来るのでは!?
という考えが甘かった・・・
林道の方が早いです(笑
【16:00】雨乞棚山山頂
ガスのの中の山頂です。
時間もないので写真だけ撮ってすぐに下山開始!

林道を下って下って・・・
【17:15】ゲート到着!

名古屋駅での解散は【19:10】と、遅くなってしまいましたが、気合の登頂&下山でした!!
皆さま大変お疲れさまでした!

ページトップへ戻る