山のぼり ツアーレポート

2017/10/15  会津朝日岳

200名山・300名山を目指して全国各地を駆け回っているゲストの皆様と、会津朝日岳へ行ってきました。

数年前の豪雨により林道が通行止めとなって登れなかったこの山。

まだ未舗装の箇所はあるものの綺麗に登山口まで整備されていました。

初日は、お昼前に新白河駅にて集合。
近くの適当なお店でランチタイム。

移動して、チェックイン時間まで少し観光してから宿で明日に備えます。
朝食は各自でというお宿でしたので、どうせならと早朝出発。

お宿を4時に出発。5時30分頃になるかと思いきや、道がしっかり整えられていて、5時に登山出発。

もちろん真っ暗です。笑

帰りの写真ですがここが登山口となる「イワナの里」
暗い中、林道を少し歩いて小川を数回渡ります。

大きなところには橋もかけられていて全く問題なし。渡渉を終えるとだんだん傾斜の増してくる登山道を登ります。
あいにくの天気の中、黙々と登ります。
手前のピークを超え少し下ってまた登り。

スタートから約3時間、立派な避難小屋を通過します。
その先が少し難所。

草付きのスラブの登場です。

この天気でもちろん岩は濡れています。よく滑る岩ですので要注意。
慎重に岩場を抜けてピークかと思わせる小ピーク。

かっこいいんですが本当のピークはもう少し先。
8:45
順調に進んで「会津朝日岳」に登頂!

景色は残念ながらありませんが雨も降らず9時まで休憩して下山。
降りてくると少し周りの景色が見えてきました。

登山道ではないですが山頂直下は立派な岩がありますねー
山の上は紅葉もいい感じ。

ガスが抜けた瞬間の景色っていいですよね〜
暗かったので帰りの沢の写真。

これが登りでは最後の渡渉ですね。
最初の方はこんな橋をかけていただいています。
ありがたい。

ということであっさり登山終了〜(^ ^)
往復7時間でした。約2時間かけて駅まで戻り解散しました。
お疲れさまでした。

ページトップへ戻る