山のぼり ツアーレポート

2017/9/2  奥穂高岳3拍4日

クラブツーリズム『北アルプスに登り隊』最終回の第1回目(変な言い方ですが)で奥穂高に登ってきました。

これ以上望んでは天罰が下る!というくらいいい条件で4日間過ごせました。


初日は朝【7:30】名古屋駅地下街エスカに集合。バスで上高地到着後【11:35】横尾山荘に向け出発!
もう花の時期はほぼ終わりでそのかわり、鴨の親子が泳いでいました。鴨を呼ぶには『鴨!Come On!』と呼ぶといいとか、悪いとか・・・
鴨の次は『ミヤマカラスアゲハ』大きくてきれいな蝶でした。なんでも1000m以上の標高に生息するんだそうです。
ザイテングラードでは『イワヒバリ』が多く見ることができました。歩きながら『これが大きくなるとライチョウになるんだよ』って冗談で話してたらそばに居た御婦人が『えっ!本当!』と反応するので『あっ!冗談ですよ(^^)でもネタで使って良いですよ』

すぐお友達相手に使っていました。
初日は横尾山荘到着が【14:45】。いつも通りの3時間の行程でした。
即日は朝焼けを楽しんだ後、【6:00】出発。今日は穂高岳山荘まで約7時間の登山です。
急登、鎖場、梯子と頑張りどころ満載です。
 
けど、皆さん余裕ありげでした。
朝から秋の空が広がり好天が予想されます。こんな日は気持ちも晴れやかで足取りも軽く口も軽くなります。
横尾から本谷橋を通過し急登を頑張り【9:20】涸沢到着。ここでゆっくりしたいんですが、今日は稜線に見える(写真でわかるかなぁ)穂高岳山荘まで行かねばなりません。
でも、少し前までの灼熱ではないので、歩き易かったですね。
ザイテングラードの途中から常念岳がきれいに見えますが、その手前に常念岳とよく似た岩がありました。
【12:45】穂高岳山荘に着いちゃいました。さて、今から何をしましょうか・・・
まずは、プシュといきますか?
ハルマゲドンのようなサンセット。白山に夕日は沈んでいきましたとさ。(私は寒くて日の入りまで我慢できずに撤収してしまいましたが)
3日目やや雲が厚く日出は微妙でした。【7:00】朝の登頂ラッシュを避け奥穂高岳めざしアタック!
この日は空いていたので鎖場、梯子のすれ違いもスムーズでした。
【7:50】先頭グループ奥穂高登頂!
曇り空でしたが、雲は高く富士山をはじめ多くの山が見られました。こうなるとなかなか山頂をあとにできません。

南側の展望。
乗鞍、その先に御嶽山、中央アルプスもよく見えました。うっすらと恵那山も。
山頂で撮影会。そりゃあ、こうなりますよね(^^)皆さんごゆっくりどうぞ〜

この日は涸沢ヒュッテまでですからね。お昼に到着予定です。ヒュッテではカレーライス?おでん?
涸沢ヒュッテでは荷揚げのヘリを至近距離で撮影できました。

涸沢ヒュッテでは夏物セールでソフトクリームが500円が300円に、七笑の900mlパックが1500円から1000円になっていました。
はい!七笑買いました。
最終日もこの天気。モルゲンロートで穂高は赤く染まりました。
この日は宿泊人数も少なく、テラスではゆったり撮影ができました。山と渓谷社が来年の夏山JOYの撮影で来ていました。モデルは小林千穂さんでした。

【6:00】名残惜しいですが、下山の時間となりました。
いよいよ最後の時間です。【12:00】上高地到着。明神からは右岸の遊歩道を歩きましたがこっちは自然豊かで気持ちが良いですね。

名古屋には【18:00】着でなんと雨が降り出しました。

皆様また山でお会いしましょうね。

ページトップへ戻る