山のぼり ツアーレポート

2017/7/21  【PV】カムイエクウチカウシ山

連続でカムイエクウチカウシ山へ

今回はプライベート登山ツアーでの入山。
天気予報が何とも曖昧な中でのスタートでしたが、蓋を開けてみれば一度も雨で雨具を着ることなく登れました。

えっ!?PZは人使いが荒いって?
僕はそんな事一言も言ってませんよ(笑)
・・・会社からのひと言:ときどき荒いです・・・

ともあれ北海道ツアーの全日程無事終了です!

ガイド:高橋守

連続でカムエクに行けと言う会社!(笑 人の年齢を考えなてない鬼の日程で再び札内ヒュッテへ【10:30】

決してPVツアーお申込みのSさんが悪いわけじゃなく、某Mしゃちよ・・・
これ以上言わないでおきます(笑)
帯広市内は小雨も混じる重い曇天だったのに、ここまで来るとあ〜らいい天気!!
天気予報はイマイチ、しかも平日なので、もしかして自分達だけか?と思いましたが他にも2名ほど入ってました。

前日(八の沢に居ましたが)から殆ど雨が降ってないので、札内川の水量はまったく問題なし
気温も昨日今日と北海道らしく低い。
ちなみに15日は37℃あった最高気温は18日には17℃!!温度差20℃!!身体がおかしくなりそうな温度差です。
今夏2度目なので細かく書く事も無いですね。
なので、飛ばして八の沢出会いに到着【14:40】

時間もあるし天気もイイので、デポしておいたテントを乾かしながらのんびり。
前回のサポートガイドのマー君のようにいかず、中々焚き火に火が付かない。
野良人失格だな。
それでも何とか焚き火を囲んで夕食を済ませて就寝
雨も降らず、快適なテントで目覚めて次の日
【3:30】起床
【4:30】出発

テント場から覗く樹林の間の狭い空は曇天
沢を歩いて30分ほどのカムエクビューポイントも、今回はご覧の感じ
雲の重さに気も重くなりそうですが、雨は降ってない。

そう!雨じゃないんだから前向きに行こう!
と、無理やりテンションを上げながら沢歩き。


連続で来ているからルートファインディングもスムーズ

サクサク歩いて2時間ほどで三股着【6:20】
さーてココからが本番です

なんか同じこと書いてるな
文章をヒネリ出すのは難しい・・・。
急登をガシガシ登って三段の滝【7:50】

曇っていても岩も薮もは乾いているので以外に快適
ただ、ここからはガスに突入するから、そうはいかないか・・・。
予想通りと言うか当たり前というか・・・。
八の沢カールは真っ白【9:00】

こうなると、日頃は気にしない熊の存在が気になる・・・。
自分たち以外に登山者は1名だけなので尚更(小心者)
小心者は薮を揺らす物音に少しビク付きながら稜線へ。

辺りは乳白色の世界
撮るものないのでお花でも・・・シナノキンバイ(合ってる?)が綺麗でした。
その他イロイロ咲いてました。
何が咲いてたかって?そう言う事は聞かないように。
稜線に出たら真っ白な上、風もビュービュー。

藪の露で濡れて風に晒され少し寒い
長居をしたくないので足早に歩きたいけど、自分独りじゃないからそうも行かない。

なので、降ってはないけど雨具を上下着込んで稜線歩き。
岩のリッジを過ぎて写真のお花畑に出れば山頂はすぐソコ!!
写真を見れば稜線の条件の悪さが分かるでしょ?

山頂に【11:05】到着
なんと、Sさんここで300名山完登!!!
おめでとうございます〜〜!!
仕事をしながらの300完登は凄いですね〜。
これからも良い山ライフをお送り下さいね!山を辞めちゃもったいない。
山頂で長居することもなく、サッサと下山です。

標高を下げれば風も無く、気温も上昇。
さらに、三股まで下れば暑いぐらい【15:15】
天気はどんどん回復傾向

朝よりガスが上がって、カムエク様も見え隠れ。
ずぶ濡れだった雨具も乾いてきた。

ただ、疲労でペースダウン
まあ天気は大丈夫だから、のんびり行きましょう。
結局テントに戻ったのは【18:30】
14時間行動お疲れ様でした!
でも、その後も雨も降らず快適なテントでもちろん爆睡
山小屋よりテントの方がよく眠れる気がするなぁ〜。

最終日もあらら・・晴天
って言うか昨日より天気イイ!昨日欲しかったなこの天気・・・。
【4:00】起床 【5:30】出発
ゆっくりのんびりの帰路。

七の沢に【7:40】
そして下山は【10:00】
今回も無事、問題なく終了!
パワーゾーンのカクエク登頂率ってかなり高い気がする。

この調子で来年もよろしくお願いしますね〜カムエク様!

ページトップへ戻る