山のぼり ツアーレポート

2017/7/8  浅草岳〜鬼ヶ面山周回縦走と守門岳

最近NHK BSでヒメサユリの咲く鬼ヶ面山の放送があってから、六十里登山口からの鬼ヶ面へのルートは以前と比べて大賑わい。
そして、二百名山の守門岳、
暑い日差しの下、登ってきました。

JR浦佐駅に集合し、守門岳の大原登山口へ。

10:35 登山開始です。

数年前登山口に車を乗り入れることができなく、1時間以上かけてスキー場の舗装道路を登ったのだが・・・
今回は、標高630mの登山口からスタートです。
11:45
7月になり、この時期の新潟の低い山は1000mくらいの急坂はものすごく暑いです。

葉が茂っているので日陰ですが、登り始めてすぐに汗だくです。
12:40 稜線に出ました。周りの木が低くなり太陽に照らされながら進みます。

しかし、よく晴れているので景色の眺望はばっちり。
13:10 守門岳 袴岳頂上。 

タイミング悪く、頂上付近だけ雲に覆われ、眺望がなくなりました。

この周辺の登山中はうっとうしいブヨなどの虫がいません。
そうです、空には無数のトンボが乱舞しているからいないのです。
トンボさんありがとう。(なんて可愛く書いてしまいました (≧∇≦))
振り返ると、さっきまで雲の中だった山頂が抜けていました。

15:30 登山道に戻ってきました。

今夜の宿泊は、大原スキー場の喜楽荘。
今回、守門岳に登山中、ヒメシャガやニッコウキスゲが群生していました。

こんな花を見たくて暑い季節の新潟の山を登るのです。
昨夜泊まった喜楽荘の夕食は魚沼産のコシヒカリと山菜の料理。

宿の人が言っていましたが、最近NHKで鬼ヶ面の登山道のヒメサユリの花畑の放送があって以来、六十里登山道からの登山者が増えたそうです。
そして、この日もたくさんの車が駐車場に停まっていました。

6:20 六十里の登山口から登山開始。
約50分で鉄塔のある稜線に出ました。
東北電力の補修の為の道が時々迷わされます。
8:30 南岳 到着。

ここからは、田子倉湖が見え、下山するところの周辺が少し見えます。

やっぱりトンボがいっぱい飛んでいてくれるので、嫌な虫に悩まされずにすみますね。
9:00 鬼ヶ面山 通過。

鬼ヶ面山の周辺は、ヒメサユリが登山道の脇にずっと咲いていました。
10:20 何度も登ったり下ったりして、ムジナ沢 カッチ 通過。

やせ尾根をまだ上り詰めて、浅草岳を目指します。
前岳を通過するとムジナ沢登山口からの登山者がたくさん居る登山道に合流。

まだ、雪渓も残っていて、暑さ対策に帽子に雪を忍ばせると頭がひんやりします。

11:40 浅草岳 山頂到着。
12:00 山頂を出発して、田子倉只見沢登山口に向かって下りはじめて、13:00 剣ヶ峰。

目の前に今朝から登ってきた稜線を見て、ちょっと嬉しくなる瞬間ですね。

しかし、まだまだ急な下りの斜面が続きます。
14:45 田子倉只見沢登山道口に降りてきました。

デポしておいた車で、喜楽壮に戻って入浴させていただき
(風呂上りに麦茶やコーヒーまで出してくれました)

17:00 浦佐駅で解散。

暑い一日、お疲れ様でした。
今回の浅草岳は、ヒメサユリがいっぱい咲いてる時期でしたが、
こんな花達も咲いていましたよ。

ギンリュウソウとミネウスユキソウ

ページトップへ戻る