山のぼり ツアーレポート

2017/6/18  古光山〜倶留尊山縦走

クラブツーリズム『北アルプスにのぼり隊』3時間目として三重・奈良県境の古光山〜倶瑠尊山に登ってきました。
火山活動の名残の倶瑠尊山は三重県側が柱状節理があります。また、曽爾高原は秋のススキでも有名ですね。

足並みが揃っても長い行程の登山となりましたが、槍ヶ岳、奥穂高がグッと近づいた登山でした。

【7:10】バスで登山口のある『みつえ高原牧場』先の大峠に。準備を整え【10:25】登山開始。登山口から100mも進まないうちに激登りの始まりです!
雨が降っていないので足元が乾ききって滑ること滑ること!木を掴み、藁をも掴む思い出葉っぱも掴み登りますが総勢24名では時間が掛かります。
【11:20】最初のピーク古光山・南峰960m登頂。ここから顕著なピークだけでも倶瑠尊山まで5つのピークがあります。
【11:45】古光山登頂。行動食、水分補給を行い急傾斜の下りに向かいますが足元は滑ります。土の状態はサラサラです。
この感じは余裕を感じられますね〜
急な斜面の所々にあったコアジサイ。小さいですが打ち上げ花火のようです。
ウツギの花もほぼ満開でした。
ウツギの木の合間から亀山から二本ボソへのルートが良く見えます。まだ遠いですね。
亀山まで登ると【14:25】鎧岳・兜岳もよく見えました。
二本ボソの手前の展望地【15:00】から今日のルートを振り返っての皆さんの感想は『よく歩いたね〜』
【15:50】最終目的の倶瑠尊山登頂!
下山ですが、もう一度二本ボソへの登り返しを頑張って曽爾高原に下山。曽爾高原で簡易ハーネスの装着を練習して【17:45】駐車場到着。

長い行程お疲れ様でした!

ページトップへ戻る