山のぼり ツアーレポート

2017/6/17  大洞山vol.2

先週に引き続きクラブツーリズム『春からはじめる登山教室』4時間目Aコースで三重県津市の大洞山に行って来ました。
実践登山も3回目という事で皆様随分山に慣れた感じが出て来ましたね。今回は急斜面の登りがきつかったようですが、この急斜面の先には涸沢が待ってますので頑張れましたね。

【7:30】名古屋をバスで出発。【10:55】登山開始。春には桜のお花見で賑わう急傾斜の舗装路を歩くこと15分で真福院に到着。
899年に建立されたお寺で胴回り6mを超える檜の圧倒的存在感が見事です!
真福院からも舗装を歩き【11:40】やっと登山道に突入!かなりの傾斜を標高差300m約1時間頑張って歩きます。
傾斜が緩んできたら大洞山雌岳登頂【12:45】(984m)です。先にある雄岳のほうが高い(1013m)ですがメインは雌岳なんですね。
ここで、景色を楽しみながら昼食です。
山頂南方以外の展望がよく西には倶瑠尊山が屏風のようにどっしりと鎮座しています。奈良県側の曽爾高原とは全く違った顔を見せてくれます。
雌岳からは稜線を歩くので先ほどまでの急斜面と違い体を心に優しい登山道が嬉しいです。
【14:20】東海自然歩道分岐から1時間ほど石畳の遊歩道を歩き、植林の中、舗装路とだんだん里が近づき登山の終了を感じさせます。
【16:05】真福院まで戻って来ました。ここから駐車場までは15分舗装歩きで疲れた足を道の駅みつえで温泉で汗を流しサッパリして名古屋へ。

皆様お疲れ様でした。

ページトップへ戻る