山のぼり ツアーレポート

2017/6/15  池杉山〜ナメラ山〜1115mピーク

名鉄観光サービスのツアーで台高山脈にある、池杉山〜ナメラ山〜1115ピークの縦走をして来ました。
このコースはあのヤマレコで検索しても数件しかヒットしないコースで、登山道の踏み跡も薄く枝も伸び放題と言うコースです。そのかわり静かな登山が楽しめます。
山全体は主稜線に出るまでは急登、主稜線はなだらかとメリハリのあるルートです。

秋には紅葉が素晴らし事が想像できる広葉樹林が広がる山頂付近は綺麗でした。

名古屋発【7:10】
途中2回の休憩をはさみ登山スタートが【10:45】

写真は道の駅『飯高』からの局ヶ岳。
登山は林道歩きから始まりますが、この林道が結構傾斜がキツイ。林道終点まで歩く予定でしたが【11:10】650メートル地点で尾根に取り付くことにしました。
朽ちた金網に沿って傾斜の強い尾根を忠実に登ります。ふと足元を見ると散弾銃の薬莢が落ちていました。そして歩いていると銃声も聞こえて来ました!
金網は時々跨いだりしますが、基本的に上に向かって右側を歩きます。
【12:10】当初の予定の林道終点と合流。

ここからもまだまだ急登が続きます。
最後の登りでは小アジサイが群生していました。花の少ない山でしたがその分目立っていました。
急登を登りきって【12:50】池杉山到着。

ここからは少し余裕のある歩きが楽しめました。
秋の紅葉が楽しみな紅葉がいっぱいです。他にはブナ、クヌギ、アセビも多くありました。
稜線はこんな感じの登山道が主となっています。風が気持ちよく気分がいい時間でした。
ナメラ山【13:25】
1115mピーク【13:45】

1115mピークの本の先に木を切った展望地があります。
高見山や曽爾高原方面(倶瑠尊山、兜岳)が良く見えました!
1115mピークから北へ伸びる太い尾根が下山ルート。標高520mの池杉林道まで尾根を下る予定でしたが林道が延長されており840mで無理やり林道に出されてしまいました。
林道途中には緑の花の咲くフタリシズカも咲いていて、よかったね〜という感じでした。

で、林道を歩くこと約1時間【15:30】バスの待つポイントに到着。
登りで林道を最後まで歩かなくてよかった〜!登りも下りもほぼ林道歩きだったら辛かったとの声もいただきました。

ページトップへ戻る