山のぼり ツアーレポート

2017/6/10  古光山〜倶留尊山縦走

クラブツーリズム『北アルプスに登り隊』の練習回で三重・奈良県境の古光山から倶瑠尊山の縦走に行って来ました。
次回からは泊りの練習回になるので、今回は長時間の行動に慣れる意味もありました。
前回の鎌ヶ岳に比べてもちょっとハードになりましたが、本番の槍ヶ岳や穂高岳はもっとハード。
皆様前向きに頑張っていただきありがとうございました。

この日は、風があったので随分助かりました。

名古屋駅【7:00】集合。東名阪〜名阪国道をバスは走り登山開始【10:30】
いきなりの急登から始まりました。登り始めは濡れていたら滑るだろうなぁ〜っていう斜面が続きます。

ロープが設置されていますが、あまり頼りにならない部分もありますね。
急登が一息ついた頃【11:20】、
今日の最終目標に近い二本ボソと手前にある曽爾高原の斜面が現れました!
南峰直下の岩場を越えますが、見た目よりホールドは沢山あり案外サクッと登ってしまいました。
【11:40】まずの目標である古光山到着。

ここでお昼ご飯の時間を取り、先を急ぎます。
この日ははっきりしたものだけでピークを6個超えるので登ったり、下ったりの繰り返しです。
後古光山到着【13:00】
振り返ればさっきまでいた古光山が。

登って来たコースが確認できるのはいいですね。
長尾峠からひと登りで曽爾高原のビューポイント!

秋にはススキで綺麗に彩られます。
亀山、亀山峠と超えて二本ボソへの登りから振り返り、朝から歩いてきたコースを確認しての感想が『人間の足って結構すごいね』と、おっしゃる方もいらっしゃいました。

確かにそうですね。
秋の写真も載せてみました。(過去の画像)

随分感じが違いますね。
二本ボソ【15:15】
二本ボソから先は私有地なので500円の入山料が必要です。

このモノレールは料金所の女性たちの通勤用だそうです。お猿の電車みたいですね。
二本ボソから先の登山道は三重県側が断崖絶壁です!
有刺鉄線には近づいてはいけません!
一旦下って最後の登りを頑張って【15:50】倶瑠尊山登頂。
ちょっと時間が押していたので写真を撮って、少しの休憩を取り下山ですが、二本ボソまで最後の登り返しがまっています。
【17:25】バスの待つ駐車場到着。
帰りは香落峡経由で柱状節理や大岸壁、青連寺ダムを楽しみながら名古屋帰着【21:15】でした。

次は泊りの登山です!頑張っていきましょう!

ページトップへ戻る