山のぼり ツアーレポート

2017/6/9  焼山・五ノ宮嶽・中岳・稲庭岳・高倉山

初夏の東北ツアー vol 2

東北ツアー二本目は秋田・岩手の北部県境周辺の山を巡る旅
どしゃ降りの雨⇒見事な晴れ⇒また雨・・・とツンデレなお天道様に翻弄されながら山頂を踏んで、車で走って、歩いて、車で走って・・・

歩きより、カーナビとグーグルマップをどれだけ使いこなすかが問われる登山が続きます(笑)

ガイド:高橋 守

東北ツアー2本目は静かな田沢湖駅集合

どしゃ降りドライブで一路、焼山の登山口「玉川温泉」へ
有名な観光地ですが天気のおかげでひっそりしてました。

駐車場に着いてもどしゃ降り
登ります〜?

皆さんが登るのを止めると言えば、よろこん・・イヤ仕方なくやめたのですが、行くとおしゃるので仕方な・・・イヤもちろん行きますよ〜(笑)

準備を整えて出発【12:40】地獄谷のような景色
登山口にはこんな怖い張り紙が・・・。

気を付けたって遭うもんは遭っちゃいますしね。
熊に襲われるのは交通事故みたいなもんでしょ(自論)

と、言うことで行きます。
ほかの登山者は自分達以外にひと組

もの好きも居るもんだ・・あっ自分たちもか(笑)
写真のように登山道は完全に川と化していました・・・。
沢登りのような登山を終えて、誰〜も居ない山頂に到着【14:30】

足早に歩いたつもりですが、沢と化した登山道は足場が悪く時間がかかりました。
長居せずにちゃっちゃと下山【16:10】

泊まりはもちろん、北投石で有名な「玉川温泉」!!
鬼のような酸性の温泉にびっくり! こりゃ〜効く訳だ。
でも入りすぎると具合が悪くなりそうなほどの酸性がキツイですけどね。
2日目は打って変わって晴れ!!

やっぱり登山は晴れに限る。
玉川温泉から1時間ほどの五ノ宮嶽へ

車に頑張ってもらって、3合目の鳥居までなんとか上がってきました。
準備体操して出発【8:50】
少し登ると八幡平の町並みの眺望がグッド!!

しかも気温も低めで快適登山!
これで昨日の雨もチャラかな。
登山道は素晴らしく、本当に素晴らしく整備されていて歩きやすい。

歩きやすいからすごい勢いで登って行けます。
五合目【9:20】通過
息を切らせて、まんまと騙された偽ピーク「がっかり峠」

膝を突きそうのになるくらい本当にがっかり・・・(笑)

がっかりしたけど、山頂はすぐそこ。

山頂着【10:30】
標高差700m以上を約1時間40分!早ッ!

展望抜群の山頂を満喫して【12:00】下山
移動の前に麓の立派な大日堂を見学

山頂の社もそうだったんですが、手入れが行き届いていて綺麗。
地元の方達の思い入れが感じられる社とお堂でした。

本日2座目は中岳へ

中沢登山口を目指して、カーナビとグーグルマップを駆使して林道に突入

長い長い林道を走り、本当に合ってる?って不安になる頃林道終点到着
しかし、登山口って言う標識も何にもなし。

地形図見てこれしかないでしょ。と思われる新しく開かれた林道を登ることにしました【13:15】
思った通り登山道に合流

登山口に標識あった方がいいいですよ。道はいいんだし。

元鉱山があったからか、本当にいい登山道です。
思ったより手も入っていて薮もなし。

一番暑い時間帯でも涼しめの気温で助かりました。
熊にカジられ放題カジられた四角岳との分岐道標に到着【14:50】

ここからは視界も開けて展望のある歩き。
まだ雲も湧かず、展望良好!!
そして一等三角点の鎮座する中岳山頂【15:00】

この山は本当に展望が良くて、岩手山・八幡平や八甲田の山々まで見えました!
もっと見えてるんだろうけど、どれが何だかサッパリ(笑)

展望を満喫して下山【16:30】
3日目 朝の時点では曇り空。しかし、前線通過で昼前には荒れる天気予報

と、言うことで皆さん登ったことのある稲庭岳はキャンセル。
ちなみに稲庭うどんと稲庭岳は何も関係がないらしいです。

そして向かったのは道がないと言われる高倉山へ
かなりの酷道を車に頑張ってもらって登山口(と思われる)に到着【9:00】
目印はピンクテープひとつ!
薮をかき分けて見ると踏み跡あり。

雨が降る前に!と足早にガサガサと進んでいくと、もういいでしょうと思う頃に山頂に到着【9:55】

踏み跡は思ったより濃く、目印も多数ありました。
山名板も藪に埋もれるようにあります。
一等三角点もドッシリ。

どうやら山菜採り(ネマガリタケ)の方がよくこの道を歩いているようで、こんな天気予報でも沢山の方がガサガサと採ってました。
踏み跡が濃いのも納得。

あと20分持ってくれれば濡れずに済みましたが、そうも行かずに【10:40】下山
まだまだ東北ツアーは続く・・・。

ページトップへ戻る