山のぼり ツアーレポート

2017/3/26  大兜山(おおかぶとやま) vol 1

春らしからぬ気温と降雪

これは苦労するだろうと思っていたら、案の定フルラッセルの登山となりました。しかも山頂は吹雪!

春山のはずが完全に冬の登山の様相。救いは真冬よりは気温が高かった事とラッセルを見越してスノーシューを持っていったこと。

それにしてもスノーシューを履いての膝ラッセル6時間は利いた・・・。
ガイド:高橋

快晴の土曜日に越後湯沢に前泊

幾多の困難(忘れ物!)を乗り越え準備を整えて次の日の朝、聳え立つ配水タンクから出発

天気は下り坂。何時まで持つかな〜・・・。
今回は雪が沈みきってない、どころか新雪もありえると思いスノーシューを準備して、最初からスノーシューを履いての歩き出しです。

まあ初めの林道歩きは先行者のトレースもあって楽チン。
沢が狭まってきた所でチラッと山頂を見せる大兜山
ゴルジュのデブリ帯を乗り越え、堰堤を巻いて、タキ沢とシロト沢の出合を過ぎてからスノーブリッジを渡ります。

ガッチリしてそうですが一応一人づつね。
いつの間にやら先行者は違うラインから登っていっているようで、仕方なくラッセル。

尾根へ乗り上げる所の急登は膝を越えるところまで足を挙げなければならず消耗しますね・・・。
尾根に乗り上げれば風の影響で少しは雪が浅いか?と期待しましたが、変わらずラッセルラッセル

800mを越えた所で平に出ます(何平らだっけ?)平の先に大兜山
ここもラッセルラッセル(泣けてきます・・・)
ヒーヒー言いながら左手の尾根を目指して平を横切り、尾根に乗り上げる直前で、やっと出てきた先行者トレース!

鳴呼、セカンドって素晴らしく楽。
と、思ったのも束の間。直ぐに追いつきまたラッセル

しかもドンドン深くなる・・(泣)
その上、風も出てきて冬の様相
時々先頭を変わってもらいましたが、ほとんど先頭でラッセルしたような気がしますね。

風もさらに強くなってきて引き返すか?と頭を過ぎりますが、気温がそこまで低くなく風もぶっ飛ばされる程でもない。
という事でGO!
最後のこの雪庇に向かって標高を上げていくところが一番キツかった・・。

これを越えれば山頂だ!!
何度も辞めようかと思いながらも、6時間と少々で全員山頂到着!!

山頂は風も強く飛雪もヒドイ。よって長居はゴメンで無用。
写真撮ってトットと下山です。
雪の下りは早ッ!!

スノーシューの急斜面の下りは歩きにくい。でも無しで歩くとどこまで潜るか分からんし。
仕方なく、スノーシュー履いたまま下山です。
スキーならなあ〜。
苦労しながらも、ラッセルの登りよりはメッチャ楽!

平まで戻ってくると、なんと晴れ間が!
大兜山と皆さんをパチリ。光があると絵になるね。
下りの核心、ゴルジュのデブリ帯も無事に抜けて、戻ってきました配水タンク!!

往復9時間半ほどの初歩き仕事。くたびれました〜。

ページトップへ戻る