山のぼり ツアーレポート

2017/3/6  【対馬】平岳〜御岳縦走と有明山・観音岳・洲藻白嶽

九州・対馬と壱岐の島の一等三角点峰や九州百名山など、標高は低くてもそれなりに魅力のある山々を登り巡ってきました。

初日は博多駅前の指定ホテルに集合。
迎えた2日目。福岡空港から対馬やまねこ空港までプロペラ機で飛んで予約していたレンタカーの迎えを受けて向かったのは洲藻白嶽(すもしらたけ)
八百屋さんで飲み物を購入して、トイレのある登山口を見送ると登山口の看板。
でも、ここは間違いで、さらに林道を進むと登山口に到着。
12:30登山口を出発
ここまでの林道は10人乗りの車までかな。バスは無理
まずはほとんど水流にない沢に沿って進みます。

人気があるのか道ははっきりと明瞭。
軽く休憩を入れてさらに登ると鳥居
その先からも登山道が上がってきていました。
この鳥居を潜りさらに歩を進めます。
しばらく登ると神社跡?に出ました。その先にはクサリが設けられた傾斜の緩い岩場。
これを登りきると反対側の斜面にルートがありました。
岩の多い山で、山頂部は岩塔のような形状。
壁に沿った踏み跡を追い、簡単だけど落ちたら大事に至る岩場を登っていきます。
頂上直下からの展望(南側)
スタートから1時間45分。山頂に到着です。

風が強く寒い日でした。
長居はせずに往路を下山。往復3時間10分で登山口に帰着。

登山口から翌日の平岳〜御岳縦走に向けて宿までひた走り。
ちなみに白嶽のトイレのある登山口から眺めた洲藻白岳の山容です。
3日目
一等三角点のある平岳がメイン?の登山
一般的には御岳公園から林道を少し入った登山口から御岳を目指す人が多いようですが、私たちはドウ坂峠の登山口から平岳に立ち、御岳を往復するコース。
韓国からフェリーで近い対馬ということで韓国人の観光客が年間20万人以上来るそうですわ。
当然、登山が趣味の人もいるわけで、ドウ坂峠からのコースにはハングル文字でなにやら書いてあるフラッグがたくさん付けられてました。
このコースはあまり人があるかない様子。
登っていくと保健保安林と書かれた看板がでてきました。
薄い踏み跡が左(北方)に向かってましたが、私たちはここから平岳目指して直登。
藪がないので方向さえ間違わなければどこでも歩けます。
そう「方向さえ間違わなければ」という条件付きです。
昨年の夏に韓国人数名が行方不明になり捜索3日目に発見したとか聞きました。
夏だから良かったとも地元の人は言ってましたね〜
ドウ坂峠9:10スタートで9:50に平岳到着
15分ほど休憩して御岳に向かって縦走開始です。
平岳から40分ほどで御岳。
山頂には祠がありました。
切り開きの先には海。
それなりに展望を楽しんで往路をもどり平岳へ(11:00着)
登山口には11:45に帰着の所要時間2時間15分の山行を終えて午後の山に移動
3日目の午後は一等三角点の観音岳

ネットには「オテド」から登るとありますが、オテドは地名で「落土」と書きます。
すぐ横まで入江が迫るオテドの空地に置車して観音岳に向かって13:10スタート
スタートしてすぐの一番目の湿地
長靴も準備したのですが、ここは観音岳に向かって右手の小山と湿地の境を進むと靴を汚さなくて済みました。
つづいて茂みを抜けると二番目の湿地帯。
こちらはほとんど土で埋まっていたので水を気にすることなく進みます。
写真正面の山は観音岳手前のピーク。観音岳は見えません。

ルートは左手の送電線に沿って進み「電柱の11号」から右手に直登。
11番の電柱から直登していくと少し岩が露出したルートで高度を稼ぎます。

背後は・・・海!
観音岳の一等三角点です。
展望は南側が切り開かれていて大海原が眺められました
こちらは登山口方面の画像です。

13:10登山口スタート…観音岳13:50着(休憩)14:10下山開始…14:45登山口着の1時間30分ほどの登山でした。
下山後は翌日に備えて厳原の町まで移動
4日目
対馬を発つ前の山登りは「有明山」
林道コースで山頂を目指すのですが、まずはゲートから40分ほどの林道歩きからスタート。
峠状のところに山道への案内がありました。
ここからようやくです。
山頂までは短い距離。
のんびり歩いても20分くらいで山頂ですね
草原状の広い山頂。
景色は・・・ぜひ登って確かめてみてください。
厳原のホテルから登山口のゲートまで20分ほどでした。
登山口から山頂まで1:05。下山は50分程度で終了
対馬・厳原(いずはら)港から高速フェリーで1時間少々。
対馬を離れ壱岐まで短い船の旅。
ツアーはこの日を含めて残り2日

ページトップへ戻る